ひとり暮らしのコツ

ひとり暮らしは自己管理によって大きく違う人生になる!

ひとり暮らしはすべてが自分の管理次第になるので、ちょっと意識するのとしないのと大きく変わってくると思います。なにしろ、他者からの影響が少ないから。管理さえできれば時間が有効に使える分大きく成長することもできるのがメリット。
何もしなくても済んでしまうこともあり得るのがデメリットではないでしょうか?

 

職種によっては家に帰ればもう遅い時間となって、食生活がかたよったり、朝、ぎりぎりまで寝てしまったり、食事もひとり分しか作らないから、つい、材料の品数が少なくなったりしがちです。

 

でも、ちょっと考え方を変えて習慣付けたりするとどんどん変わったりもします。ひとり暮らしだからこそ、簡単に変えることも可能なのです。なにしろ、人を変えることは難しいけれど、自分を変えることがいちばんかんたんだから。

 

 

食べたものが今の体だと思うと食生活もおろそかにはできませんし、面倒でもこれだけするとなんとか健康を保てるメニューなども決めておけば楽です。ひとり暮らしはルーズにもなりやすいけれど、合理化するのもしやすいのです。

 

食べ物バランスを整えるとたいていの病気が治るというのを聞いた時、ぴんと感じたことがあります。にんにくとか、ヨーグルトとか、納豆とか、何か一つを食べたら健康になるのではなく、
バランスが一番大事なのです。

 

料理はしたくないけれど、健康は維持したいと思うので、こんな時、たとえばこれを食べると全てのバランスがとれるという野菜があったらいいな、と思います。

 

(カロリーメイトがそう考えられて作られたと思うのですが、どうでしょう?)お菓子やパンよりはバランスいいかも?と思えるくらいです。栄養はあるでしょうが添加物が多いので一時的に利用するには便利のレベル。
命あるものしか人の命も育てない、が原則ですから。

 

 

新鮮なキャベツは生きているし生命力も強い、冷蔵庫で何日もたって古くなったキャベツは生きているけれど弱い、キャベツと同じ栄養を人工的にサプリで作ったら栄養はあっても生きていない、しかし、何もなかったら摂らないよりは命は育てないけれど維持はする、でもずっとこれだったら体の調子が悪くなる。こんな感じだと思うのです。

 

 

さつまいも、じゃがいも、かぼちゃのようなもので、エネルギーと全ての栄養素がバランスよく含まれていて、これを蒸すか茹でるか焼くかして食べればいい、というものがあったらいいのにと夢のようなことを考えたりします。果物でもいいですね。
動物は結構こんな食生活に近いと思いませんか?

 

例えば、パンダは竹だけを食べて生きています。人にもパンダの竹に代わるものがあったらいいな、玄米は少し近いかも?ですが、ミネラルを多く取れるけれども体の多くのミネラルを排出してしまうという欠点もあると言われます。だからわたしは分搗き米がいい説を実行しています。分搗き米に具だくさんお味噌汁、葉物野菜、小魚、豆腐、納豆、これだけを毎日食べても近いかも。ココナッツなどはこれに近い食べ物かも知れません。しかしここは日本なので国産から探す方が自然でしょう。

 

 

食べること、着ること、住むこと、
全体に合理化して自分なりのルールを決めると暮らしやすいと思います。会社で仕事をしていると、能率を上げること、良いアイデアを出すことなど、で培われた能力を、プライベートの生活にも応用できることがたくさんありますね。わたしが長くひとり暮らしをして来てわかったこと、身に付いたこと、できなかったことなどを記し、参考になったり、あなたバージョンを見つけるきっかけになれば幸いです。

 

 

※健康に関する事は、ナチュラル志向ではありますが、徹底的にする気はありません。徹底することは現代では不可能ですからアメリカやカナダのアーミッシュの人たちみたいにしなけばできないことですから。いつも今をかなり改善できている、この感覚を大事にしています。

 

田舎で種から農作物を育てるところをつぶさに見て育ち、20代からは大都会で消費者として暮らし、退職後は地方都市に住み、定期的に田舎に通い畑を手伝う日々。

 

 

健康に関してはわからないこともありますし、専門家の意見も違う考えがたくさんあります。どれが正しいかわかりませんし、その人の体質によっての違いもあるでしょう。また、好みもあるでしょう。しかし、正しい基本的な原則はやはりあります。わたしは普通には健康なので、嫌いなものとまずいものは食べません。

 

体に良いと思えて普通のもの(好みも味も)は食べます。野菜は全部嫌いというような極端な方は、食べ方や料理法を考えて食べられる努力が必要と思いますが。だからここに書いてあることが正しいとは限りません。

 

世の中に出回っている、健康に関することは、半分は間違いだともいわれています。いろいろな角度から勉強した今は、正しいことを見極める力もついてきました。だから、わたしは自分にぴんとくることを試しています。今、これが最善だと思えることを試して反応を確かめるしかないのですから。だから、あなたの最善を見つけるきっかけになればうれしく思います。