食器の揃え方

基本の食器は上質でこだわりを大事に選びたい。

食器の好みも生きていくうちに結構変わっていくと思います。
なので、いきなり高いものをたくさんそろえない方がいいかも知れません。

 

ですが、毎日使うご飯茶わん、お味噌汁の漆のおわん。お箸、コーヒーカップ、紅茶カップなどはお気に入りで上質のものがいいと思います。
いいもので生活することは暮しがていねいになるし、気持ちも豊かになりますから。

 

特に好みが決まっていない場合は、藍の染めつけ、黒の天目、などが料理がおいしそうに見えどなたにも合いやすいと思います。
藍の染めつけは磁器。黒の天目は陶器です。
陶器の粉引きも真っ白でないあたたかみがあって、料理が映えて重宝します。
お味噌汁椀はほんものの漆がいいですね。

 

漆は朱赤、古代茜、黒がありますが、わたしはシックな赤の古代茜が好きです。
木に漆を塗ったお椀は手が熱くなく、お味噌汁もさめにくくいいです。
漆は思っているよりも強くて丈夫でもあります。

 

コーヒーカップは冷めにくいので厚めがいいし、どんな色でも好みでいいと思いますが、
紅茶カップは紅茶色がちゃんとわかるように内側の色が白がいいですね。

口は香が感じられるように広めがいいですが、口は広くで高さは低いのは、
持つと傾きやすくてわたしは嫌いです。
(口はせまく、高さが高いのはもちろん紅茶向きではありませんが。)

 

<>NHKの朝ドラの、まれ
土屋太鳳さんが主役ですが、母親役の常盤貴子さんはいつまでも新鮮で若いです。
その昔、愛していると言ってくれ、に出演されていた時はわたしも若かったのに、あれからどれだけ月日が経ったことか、
しかし常盤貴子さんはまだ若いです、不思議なくらい。
その常盤貴子さんが益子焼でコーヒー飲むとおいしいと徹子の部屋で言っていたので気になって今、益子焼き粉引のコーヒーカップ&ソーサーを吟味中です。
それからドリッパーと。

 

 

 

 

家と家具と食器は男性が建築士、デザイナー、陶芸家の方が好きです。
強さ、シンプルさ、大らかさがあって飽きないのです。
女性だと繊細過ぎていたり、作りこみ過ぎていたりしがちです。
作品をみると男性か女性かわかります。、

 

絵画もそう思います。
女性は分別ありすぎて芸術家には向かないのかも?と思ったり。

 

しかし、洋服は女性デザイナーの作品の方が好きです。

食器の揃え方関連ページ

お鍋は何がいいの?
お鍋は使いやすく料理がおいしいものでシンプルなデザインがいい。
よい土鍋の選び方
良い土鍋は何を基準に選ぶの?
伊賀のビストロ蒸し鍋
煮る、蒸す、焼くが全部出来る土鍋です。土鍋なのに空炊きもOKなのです。
スキレット
おいしくて栄養価も高くおしゃれな鉄のフライパン