下着の選び方

ショーツの選び方はとても大切です!

ショーツ選びはヒップをきれいに成形してくれる。
肌さわりがいい。吸湿性、放湿性もいい。
が重要ですが、用途にもさまざまありますね。
洋服をきれいに見せてほしい時、寝る時だとリラックスできて健康にいいなど。

 

女医さんのアドバイスですが、たいていの人はLサイズがいいそうです。
たくさんの患者さんに接してMサイズが合っていた人は2名だけだったそう。
わたしのヒップの大きさは普通かな?と思っていらっしゃる方は一度、MとLの両方買ってみて、履き心地、見た目をもう一度チェックしてみてはいかがでしょう。

 

わたしが愛用しているショーツの中で気にいっているもののひとつがこれです。
ガードルが嫌いですがショーツにペチコートだけというのも頼りないし。
ショーツにパンストのみも頼りないけれど、ガードルもいや、
という時に便利なのがこのショーツです。

 

ソフト感覚のガードル効果がショーツだけであります。
外出時も眠るときもOKです。
以前は国産で1000円くらいでしたが、現在は中国製に変えてお値段も380円です。
ヒップアップとヒップの形も成形してくれます。
ヒップは補正してほしいけどガードルの締めつけ感はいや!
という方にありがたいショーツです。

 

 

ショップにはショーツ以外にもインナーウエアが充実しています。

 

 

ともあれ、勝負パンツなどと言ってカラフルなかわいい形が好きで、
機能性は気にしないタイプの方は買わないタイプではあります。
わたしは、素材の質、健康、形をきれいにし洋服の上から見てきれいという、機能美を重視します。
機能性も抜群で、デザインも抜群であれば一番なのですが、

 

相反する部分もあるのでシューツの場合は仕方ないのです。
色は白かベージュです。
黒は洗濯の時べつに扱うのが面倒で買わなくなりました。
ひとり暮らしでは洗濯量は多くないので一回で終わらせたいですからね。