うね乃の出汁は本物!

うね乃の黄色いじんのだしパックは手軽だけど本物!

和食が中心なのでお出汁は必需品です。
わたしはいろいろ試した結果、羅臼昆布+かつおの本枯れ節でだしをとります。
出汁殻は佃煮にするので高くてもムダにはなりませんし、結果としては高くないと思っています。

 

親せきや友達に聞くとたいてい顆粒出しやだしパックを使っています。
自分で昆布とかつお節から摂る人は案外少ないようです。

 

健康、おいしさ、両面から考えてだしは無添加で酸化しにくいものを使いたいですね?

 

よいいりこもお味噌汁には合うのですが、干した魚は酸化しやすいのが欠点です。
かつお枯れ節は干し魚ではありますが発酵しているので酸化しにくいところがいいです。
なので羅臼昆布+本枯れ節の鰹節で出汁をとるのは栄養的にも最高です。

 

 

かつ節を買うときの注意点は本枯れ節かどうか?です。
粉末いりこだしは酸化しやすいし、少しくさみがあります。

 

基本的には自分で出汁は摂りますが、面倒な時は黄色のじんです。

 

基本的には自分で出汁は摂りますが、面倒な汁、黄色のじんです。

 

 

 

うねのの出汁パックはパック一個でお味噌汁2杯分です。
これを2回のお味噌汁に使ったり、
野菜の煮物に使ったりします。
澄んだあっさりしたくせのないお出しです。
京風やや薄味なので濃い味がお好きな方にはものたりないかも。

 

ネットで無添加の食品を探していて偶然見つけました。
人にもプレゼントして喜ばれています。

 

 

画家でもある、片岡岡鶴太郎さんがテレビで朝食を披露していました。

 

玄米ごはん少々に松の実などをふりかけ、
具たくさんのお味噌汁と糠漬けなどの小品を4品ほどでした。
一日じゅうでこれ一食の日も多いとのことですから、2食の日もあるのでしょう。
少しやせぎみでした。
普通の人は2食に果物くらいがいいのでは?と思いました。

 

 

わたしの基本は、雑穀入り白米か胚芽米のごはんに、
お味噌汁、納豆、生野菜サラダ、野菜煮物、焼き鮭、梅干しなど多めの品数の一食に、
そばやスパゲティの軽食の2食です。

 

それに気分次第で果物かコーヒーや紅茶にお菓子少々。
朝食は果物、ニンジンジュース、野菜ジュース、酵素ドリンクのうちどれか2つ。

 

1日ごはん3食しっかり食べることはありません。
1日2食しっかり食べることもありません。
食べ過ぎに感じるからです。

 

全部食べ終わると満腹と感じるのは食べすぎです。
すーっと食べ物がどこかに消えた感じがするくらいの量がちょうどいいと思います。
こんな毎日で体の調子はいいです。

 

それにしても、ご飯作り面倒な時は、具だくさん味噌汁はいいですね!
じゃがいも、にんじん、たまねぎ、青ネギ、キャベツ、なす、あげ、とうふ、
大根、さといも、かぼちゃ、なんでも入れます。

 

ゴボウはおいしいのですがお味噌汁が黒ずみますので入れません
ホウレンソウをも汁が濁りますので、ゆでてから入れます。