電力会社が選べる時代へ

電力会社が選べることをメリットにするには?

2016年4月から電力会社自由化の時代になります。そうすると、電力会社選びが大事になりますね。
ここ数年で最も値上がりが大きいのは電気代なのだそうです。今はどこの家庭でも電気の需要は多くなっていますね。
照明、や電話代、電気ストーブ、のほか、電子レンジ、トースター、キッチンのIH化、お風呂、エアコン、きりがありません。

 

しかも電気代は、電話やスマホなどでしか選べませんでした。
それが自由化されたらメーカー側も競争になるのでサービスもよくなるのでは?と期待しますが、
経済のプロである、岸さんは、直感としてはあまり下がらず、2年間くらいは少し下がり、そのあとは除々にあがるだろうとのこと。

 

それは先に自由化したドイツが見本で、はじめは契約をとることが大事でひんぱんには変えないのもなので、電力会社もがんばってサービスするので、少し下がるけれどもあとは、上がるだろうとのこと。
理由は電気を動かすために使う、石油は天然ガスなどの資源が有限だからとのこと。

 

では消費者にとってはどう選ぶのがいいのか?
それはじっくり考えて選ぶこと。

 

特にプランの内容が自分にメリットがあるものを選ぶのいいのでは?と。
例えば車を乗ることが多い生活ならガソリンとセットだったら安いとか、、ひとり暮らしの働きざかりなら昼に安い電気とか、
だからとりあえずは今のままで、じっくり考えて選ぶことが大切だと。

 

たぶん自由化が始まる前くらいから勧誘の電話がかかってくると思うのですが、すぐに決断しないことだそう。

 

各電力会社の特質をどうやって知るのか?ですが、
そういう比較サイトがあるといいのですが、きっとそういう電力会社比較みたいなサイトができるといいですね。と、NHKでも専門家が言っていました。
現在、いくつも比較サイトはできていますが、1サイトだけでなく数個見ることで大事なことが見えてきます。
慎重に選んで自分の生活に安くできるものを見つけたいですね。
これからも気をつけてチェックしたいですね。
一度契約すると面倒なので、すぐに決断はせず、考えて選びたいです。

 

大まかに見て価格は横並びでも、サービスの内容が違うと、ひとりひとりにとっては差は大きくなることも考えられますから。
自分のとってお得になる電力会社選びをしたいですね。

電力会社が選べる時代へ関連ページ

小さなシュレッダー
物は少なく暮したいから、必要なモノは小さいのがいいですね?
ゲッターズ飯田の金持ち風水
あたりまえのことをきちんとして、自然に生活するって大事なことなんだと再認識する良い本です。